【実体験】未経験でもGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)に合格できた勉強方法

【実体験】未経験でもGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)に合格できた勉強方法

Googleアナリティクスの基礎的な内容から高度な知識まで無料で学べる「Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)」。

試験に合格すれば履歴書にも記載可能なため、これからGAIQを受験しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

  • GAIQってどんな試験?難易度は?
  • GAIQに合格するためにはどんな勉強をしたらいい?
  • GAIQを履歴書に記入する場合はどのように記載すべき?

上記の悩みを解決するために、本記事では私の実体験をもとにGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の試験概要から合格するための勉強方法を紹介させていただきます。

ちなみに私は未経験からWebマーケターに転職するためにGAIQを受験し、なんとか3回目の受験で合格することができました。

これまで本格的にGoogleアナリティクスを触ったことはないけれど、GAIQに合格したい人にとって参考になる内容となっておりますのでぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人
  • 独学でGAIQに合格
  • 27歳で未経験からWebマーケターに転職
  • 複数サイトを運営しているブロガー
アーク

スポンサーリンク

目次

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)とは

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)とは

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)とは、Googleアナリティクスの習熟度を認定する資格です。

GAIQ概要
試験内容Googleアナリティクスの基礎〜高度な知識
問題形式選択形式(全70問
合格基準8割(56問)以上で合格
試験時間90分
受験費用無料
有効期限合格後12ヶ月有効
発行元Google

試験内容としては、Googleアナリティクスの基礎から高度な知識までが含まれます。

具体的には以下の項目に関する問題が出題されます。

  • プランニングと仕組み
  • 導入とデータ収集
  • 設定と管理
  • コンバージョンとアトリビューション
  • レポート
  • 指標
  • ディメンション

そして、これらの内容はアナリティクスアカデミーのGoogleアナリティクス初級者向けコースGoogleアナリティクス上級者向けコースの動画や資料を閲覧することで無料で対策することができます。

アーク

試験の受験費用も無料ですので、非常にありがたいですね!

問題は選択形式で全70問、8割以上(56問以上)の正解で合格となり、Google公式からGoogleアナリティクスを運用する一定の能力を持つことを認められることになります。

履歴書にも記載可能ですので、Webマーケターへの転職を考えている人や対外に向けてGoogleアナリティクスの運用能力があることをアピールしたい人は取得しておきたいですね!

GAIQは合格後12ヶ月間有効。期限後に再取得する場合は再びGAIQの試験に合格する必要があります。

GAIQの難易度に関して個人的な感想を述べると、少し難しかったです。

私がGAIQを受験した時は業務でGoogleアナリティクスを使用したことはなく、あくまで趣味のブログで触ったことがある程度でした。

そのため、基礎的な内容は理解することができましたが、これまで触ったことがなかった機能や概念などを理解するのは難しく感じました。

とはいえ、アナリティクスアカデミーの動画や参考書で勉強することによって3回目の受験で合格することができましたので、ある程度勉強すれば業界未経験の人でも合格は目指せます。

↑目次へ戻る

【メリット2つ】GAIQを受験しようと思ったきっかけ

【メリット2つ】GAIQを受験しようと思ったきっかけ

私がGAIQを受験しようと思ったきっかけは2つあります。

アーク

上記の2つのメリットを享受するためにGAIQの受験を決めました!

1.履歴書に記載することができる

私は未経験からWebマーケターへの転職を目指していたので、少しでもアピールできるポイントを増やすためにGAIQの取得を目指しました。

GAIQの資格を保有することによって、Googleアナリティクスに対して一定の知識を有していることの証明になり、履歴書にも記載することが可能です。

Googleが認定している資格なので信頼性も高く、Webマーケ業界の中でも認知度が高い資格の1つです。

アーク

無料で受験することができますし、取得しといて損することはないのでWebマーケターへの転職を考えている人はチャレンジしましょう!

2.Googleアナリティクスの知識が身に付けられる

GAIQの試験勉強を通じてGoogleアナリティクスの知識が身に付けられる点も大きなメリットです。

試験対策としてアナリティクスアカデミーのGoogleアナリティクス初級者向けコースと上級者向けコースの動画や資料を無料で閲覧することができます。

基礎から応用までGoogleアナリティクスを体系的に学べるので、Googleアナリティクスの知識を身に付けたい人はGAIQを受験しましょう。

アーク

個人的には全然触ったことのない機能が多くて勉強になりました!

↑目次へ戻る

GAIQの受験方法

GAIQの受験方法

GAIQの受験方法は簡単です。

まずはGoogleスキルショップに登録しましょう。

既にGoogleアカウントをお持ちの方はGoogleスキルショップにログインしてください。

ログインが完了したら、画面右上にある「すべてのトピック」→「Googleアナリティクス」→「ユニバーサルアナリティクス」→「Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)」を選択します。

アーク

試験はいつでも受験することができますので、準備ができ次第チャレンジしましょう!

スポンサーリンク

↑目次へ戻る

業界未経験でも合格できたGAIQの勉強方法

業界未経験でも合格できたGAIQの勉強方法

私は現在こそ事業会社のWebマーケターとして働いていますが、GAIQを受験した当時は業界未経験でGoogleアナリティクスはブログ運営で多少触ったことがある程度でした。

基礎的な内容は理解できることが多かったものの、応用的な内容を理解するのに時間がかかってしまい、GAIQは3回目の受験でやっと合格しています。

GAIQは合格基準が8割と普通の資格と比べてやや高めですので、一発合格は難しいかもしれませんが、しっかりと対策を講じれば私のように業界未経験でも合格することができます。

ここでは実際に私がGAIQに合格するための対策として取り組んだ勉強方法やおすすめのテキストを紹介させていただきます。

結論、これからGAIQの合格を目指すのであれば以下の手順がおすすめです。

【Step1】Googleアナリティクス初級者向け・上級者向けコースの受講

まず最初にGoogleアナリティクス初級者向けコースGoogleアナリティクス上級者向けコースを受講しましょう。

アーク

Googleが公式として無料で提供してくれているものなので、利用しない手はありません!

ただ、1つ難点をあげると、動画はすべて英語となっています。

日本語の字幕テキストにも対応していますが、普段利用したことがないGoogleアナリティクスの難しい機能が英語で説明されると字幕があっても難しく感じました。

章ごとにまとめのテストが用意されているので、動画を見終わったら受講しましょう。

動画の内容が難しいと感じても章ごとのまとめテストは飛ばさずにやるべきです。

なぜなら、GAIQのテスト本番はこのテストに近い形式の内容が出題されるから。

間違えても解説が出てこないのは少し不親切ですが、押さえておくべき内容ですので、分からなかったら戻って内容を確認してください。

解説はありませんが、間違えた問題の内容を確認できる該当箇所は表記されています。

Googleアナリティクス初級者向けコースと上級者向けコースの受講が終わったら、さっそくGAIQの試験を受験しましょう。

現時点でどれくらいの内容が理解できているのか知ることができますし、仮に不合格になったとしても1日経てば再受験可能です。

【Step2】Googleアナリティクスの基礎的な内容が理解できる本を読む

Googleアナリティクスの初級者・上級者向けコースの受講後にGAIQを受験すると自分の現在地が見えてくるはずです。

もし、内容が全然理解できておらず、Googleアナリティクスの基礎的な内容から勉強する必要があると感じた方はGoogleアナリティクスの基礎的な内容が理解できる本を読むことをおすすめします。

私は『わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス』を読んでいました。

マンガと実践で分かりやすくGoogleアナリティクスを使ったアクセス解析の基本やWebマーケティングについて学ぶことができます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

【Step3】GAIQの対策テキストで問題演習

続いてGAIQの対策テキストで問題演習を行いましょう。

私がおすすめするテキストは『厳選テーマ20題!GAIQ対策テキスト』です。

このテキストを利用することでGAIQで頻出されている問題の傾向とポイントが掴めます。

全部で20題しかないので、ボリュームで挫折することもないですし、1題ごとの解説が非常に丁寧でより深くGoogleアナリティクスの機能や概念を理解することができます。

Googleアナリティクス初級者コースや上級者コースの章末テストやGAIQの本番試験では間違えた問題の解説は一切ありませんので、この問題集の解説はとてもありがたいです。

アーク

個人的にはこの問題集を解いて解説を読んだことがGAIQ合格の鍵になったと感じています!

『厳選テーマ20題!GAIQ対策テキスト』はKindle Unlimitedで無料で読めます!

本問題集は紙の書籍としては発売されておらず、Kindle版のみとなっています。
「Kindle Unlimited」の対象となっておりますので、ぜひご活用ください。(初回登録30日間は無料

【Kindle Unlimitedのサービスの詳細はこちらをチェック】
≫【レビュー】Kindle Unlimitedのメリットとデメリットを徹底解説!利用者の評価や評判は?

30日間は無料

いつでも途中解約OK

↑目次へ戻る

【転職にも使える?】GAIQの履歴書の書き方

【転職にも使える?】GAIQの履歴書の書き方

既にお伝えしたとおり、GAIQに合格すると履歴書に記載することができ、転職活動の際にGoogleアナリティクスを運用する一定の能力を持つことをアピールすることができます。

気になる履歴書への記入方法ですが、私は以下のように履歴書へ記載しました。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ) 合格

また、Webマーケターへの転職活動においてGAIQの資格がどれくらい役立ったかについては少しだけ役に立ったというのが正直な感想です

実際の面接では履歴書に記載したGAIQの項目を踏まえて「Googleアナリティクスはどれくらい触れるの?」と質問されることもありました。

GAIQの資格取得が転職活動の合否を決めるわけではありませんが、未経験からでもWebマーケ業界への転職の志望度が高いことは伝えられますし、未経験からWebマーケ転職を目指すならアピールできるポイント増やしておくべきです。

アーク

ぜひGAIQの合格を目指して頑張ってください!

↑目次へ戻る

まとめ:GAIQは業界未経験でも合格できる

以上、GAIQの試験概要や合格するための勉強方法などを紹介させていただきました。

仕事でGoogleアナリティクスを本格的に触ったことがない人からすると少し難しく感じると思いますが、過去の私のように業界未経験でもある程度勉強すればGAIQへの合格は可能です。

ぜひ、本記事を参考にGAIQの合格を目指して勉強頑張ってください。

GAIQの試験に合格することで履歴書に記載することもできますし、より実践的なGoogleアナリティクスの知識が身につけられますよ!

【関連記事】
未経験からWebマーケターへ転職を目指すにあたって取得すべきおすすめの資格は以下の記事で紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次